ティーウェーブ

RESEARCH
SUPPORT
DEPARTMENT

札幌事務課

研究支援担当

TEL:011-571-5111
FAX:011-571-3629
E-mail: G000001359
@tsc.u-tokai.ac.jp

RESEARCH SEEDS COLLECTION

2020年度 大学院開設決定
生物学研究科 生物学専攻
(修士課程)

Graduate School of Biology Course of Biology
大学院集合写真
教員スタッフ学位主な担当授業
岡本 英治(オカモト エイジ)教 授・工学博士●組織学特論
木原 稔(キハラ ミノル)教 授・博士(農学)●栄養生理学特論
櫻井 泉(サクライ イズミ)教 授・博士(水産学)●無脊椎動物学特論
佐藤 陽子(サトウ ヨウコ)教 授・博士(理学)●生殖生物学特論
サバウ バシレ ソリン教 授・博士(理学)●科学英語特論
寺尾 晶(テラオ アキラ)教 授・博士(獣医学)●環境生理学特論
南 秀樹(ミナミ ヒデキ)教 授・博士(理学)●大気海洋環境学特論
大橋 正臣(オオハシ マサミ)准教授・博士(工学)●生態系モデリング学特論
河合 久仁子(カワイ クニコ)准教授・博士(理学)●動物生態学特論
北 夕紀(キタ ユウキ)准教授・博士(医学)●保全生態学特論
鈴木 大(スズキ ダイ)講 師・博士(理学)●動物地理学特論
松井 晋(マツイ シン)講 師・博士(理学)●脊椎動物学特論B
武藤 望生(ムトウ ノゾム)講 師・博士(農学)●多様性生態学特論
生命・自然に関する幅広い見識を基礎として
生物学における
高度な知識と技術を活用できる
人材育成を目指して

生物学研究科 生物学専攻の設置理念とは・・・

生物学は、生物の持つ共通性と多様性に関する探求を通して、生命体としての生物の理解と、生物と地球環境の関係解明を学術的目標の一つとしています。一方、生物学には、人類の文化・社会活動において生物の持つ資源的および精神的価値の解明とその活用が求められてきました。特に、20世紀終盤から今世紀にかけては、分子生物学の進展に伴って遺伝子技術を始めとする生物学とその学際領域の果たす役割が急速に重要性を増しています。さらに、近年は、温暖化による気候変動に起因した生息環境の変化、環境破壊に伴う生物多様性の喪失、世界人口の増加に伴う食料需給の逼迫、生物資源を巡る国際間競合といった問題が顕在化しており、これら地球規模での課題に対して持続可能な社会の構築も要請されています。こうした多様な課題に対して、生物学研究科生物学専攻では、本学の教育理念を踏まえ、人類が培ってきた文化・文明と自然・地球環境を一体とする文理融合的な視野を有しながら、生物多様性の保全や生物資源の持続可能な利用を目指すとともに、生命・自然に関する幅広い見識を基礎として専門分野における高度な知識と技術を活用できる人材育成を目標としています。
写真:構内ラベンダー畑
大学院 生物学研究科長写真
大学院 生物学研究科長
櫻井 泉 教授/博士(水産学)
 この度、生物学研究科では、2020年4月の開設にあたり、研究科教員や大学院生の研究内容を学内外にご紹介するとともに、生物学部付属臨海実験所や校舎隣接の演習林(光風園)を活用した取組内容を知っていただくため、大学院通信を発刊することといたしました。
 生物学研究科は、東海大学の教育理念を踏まえ、人類が培ってきた文化・文明と自然・地球環境を一体とする文理融合的な視野を有しながら、生物多様性の保全や生物資源の持続可能な利用を目指すとともに、生命・自然に関する幅広い見識を基礎として専門分野における高度な知識と技術を活用できる人材育成を目標として開設されました。また、付属臨海実験所におきましては、学部生の実習・研究に加えて、施設が設置された自治体との地域連携協定のもと、地域水産業の活性化に資するための産学官連携事業に取り組んでいるところでございます。光風園におきましても、学部生の実習・研究はもとより、大都市札幌において希少な野生動植物の生息地として、その重要性が認識されつつあります。
 大学院通信では、こうした研究科や付属施設における活動状況を定期的にお伝えしていく所存でございますので、ご一読いただけますと幸いです。
ニュースリボン
大学院通信
Graduate communication

大学院通信2020年11月Vol. 5
・ 寺尾 晶 教授・博士(獣医学)
BACK NUMBER
大学院通信2020年10月Vol. 4
河合 久仁子 准教授・博士(理学)
大学院通信2020年 9月Vol. 3
北 夕紀 准教授・博士(医学)
大学院通信2020年 8月vol. 2
櫻井 泉 教授・博士(水産学)
大学院通信2020年 7月vol. 1
松井 晋 講師・博士(理学)